TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

PCオーディオ 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    偏心と音の揺れ ~レコード再生は難しい~

    やはり気になるレコードのワウ・フラッター、音の揺れ。アンプの性能が良くなったためか、以前よりも余計に気になる。気になり出したら止まらない。原因究明しなくては精神的に落ち着かない。そこで取り出したのが、「DENONのテストレコード」。こんなレコードを持っていた事をふと思い出した。12インチ(30cm)45回転PCM録音です。このレコードをひと通り再生してみました。それぞれのテスト項目毎に評価の説明があります。B面は、実際の音楽ソースによるチェックになっています。内には、写真では見難いですが、音楽ソース毎のチェック内容が記載されたリーフが入っています。今回の音揺れチェックは、A面の5番目の項目。ワウ・フラッターの項目では次のように解説があります。写真の下の方から。下の写真の上に続きます。「人間の耳は3kHz付近の音...偏心と音の揺れ~レコード再生は難しい~

    My Audio Life (趣味のオーディオ)

    My Audio Life (趣味のオーディオ)

    読者になる
  • 2位

    三菱ダイヤトーン スピーカーDS-3000の改造記(24)

    一昨日 DS-3000を お客様宅に運んで設置して参りました。 設置場所は 23畳の空間の部屋で、ライブで綺麗な響きが感じられる場所です。  それで、せっかく…

    人見 隆典

    ステレオ匠 人見隆典のブログ

    読者になる
  • 3位

    蘇れ!SS-2250M(本当に蘇った其の五)

    今回は番外編てきな内容です。先ずはのっけから画像をポン!  SS-22...

    本気でお馬鹿なジャイアン閣下

    ジャイアンのその日暮らし

    読者になる
  • 4位
    読者になる
  • 5位

    HDDのメーカーはどこが良いのか考察

    最近の主流ROMはSSDに移行してきては居ますが、データ保存用としてのROMであれば未だHDDが主流であるといえます。耐久性的にはSSDもHDDと変わらないレベルまで上がってきて入るものの、やはり価格が高い上に玉に通電してやる必要のあるSSDと比べると、大容量データーサーバー用としてはまだまだ需要があるからです。 そんなHDDですが、やはりいくつかのメーカーが存在しており、そこによって値段や信頼性に差があります。今回は近年の故障率を交えてどこのものが優れているか考察していきます。

    ガジェットマソ

    格安ガジェットブログ

    読者になる
  • 6位

    不具合の連鎖。~今度はプリ・アンプ~

    負の連鎖とでも言おうか。良くない事や問題は続けて起きます。一難去ってまた一難です。今度は、プリアンプで問題発生です。レコードを聴こうと思ったら、全く音が出ない!!!CDは普通に問題なく聴けのに、あれ~?プレーヤの接触不良や接続を疑い、触ってみましたが、変化無し。そもそもレコードを再生しなくても、プリアンプをPHONOMODEに切り替えただけでノイズが大きくなる筈なのに、他モードと同じノイズ量。これはプリアンプに問題がありそう。さらに他のモードは問題ないので、EQ部に何か問題があると当たりを付けました。さっそく開腹!電源を入れ、EQ部に使用している真空管3本を触ってみると、冷たいままで温まりません。こりゃぁ、ヒーターが点灯していない。真空管を抜き、テスターで真空管のヒーターの導通を確認しましたが、問題なし。回路か...不具合の連鎖。~今度はプリ・アンプ~

    My Audio Life (趣味のオーディオ)

    My Audio Life (趣味のオーディオ)

    読者になる